スピード部

Speed skating


 スピ-ドスケートには1周400mのトラックと、1周111mの楕円形トラックを周回して着順タイムを競うショートトラック競技があります。当スピード部では練習環境面から、主にショートトラック競技を行なっています。

 競技は、選手が一斉にスタートを切るマス・スタート方式で行ないます。競技は原則として4人(500ⅿ、1000ⅿ)および6人(1500ⅿ)が同時にスタートして、予選、準々決勝、準決勝と各組上位2名(または必要数)が次のラウンドに進出する勝ち抜き方法で行われます。1周111mのトラックを、数人でまとまって滑走するため、走力やコーナリング技術、競技の展開を”読む”能力などが必要であり、基礎体力、スケーティングの技術以外にメンタル面のトレーニング強化が必要になります。

 10月から4月までは広島市東区にあるビッグウェーブのリンクで、またオフの5月からは岡山県などへ出向き、中四国の選手達と合同で氷上練習を行って相互研鑽を図っています。
 日本スケート連盟主催競技会が年間13大会あり、選手の力量に応じて試合に参加しています。2018年度は当スピード部から(公財)日本スケート連盟強化指定選手に2名が選ばれています。
 現在、幼児・小・中・高校・大学生、社会人までの幅広い選手達が在籍しています。コーチの丁寧な指導のもと、将来のオリンピック選手を夢見て練習に励んでいます。氷上を爽快に滑走しながら、ストレス解消と心身の鍛錬ができるスピードスケート部員
を現在募集中です。皆さまからのスケート体験練習への参加をお待ちしています。

 

スピード部  部長 永田守

 


スピード部からのお知らせ

ただいま、クラブ員を募集しています。

興味のある方、練習日に体験会もしてます

メールにてお問合せください  スピード部 永田 守

    

 

ただいま、クラブ員を募集しています。

興味のある方、練習日に体験会もしてます

メールにてお問合せください  スピード部 永田 守